弁護士法GUIDE

弁護士法目次

提携サイト

スポンサーサイト


弁護士法GUIDEへようこそ

弁護士法GUIDEでは、弁護士法全文を掲載しています。
左のメニューから、ごらんになりたい章をクリックしてください。

刑事事件を扱う三重県の弁護士に法律相談 水口法律事務所
北九州の弁護士に法律相談 小倉駅前法律事務所

弁護士法とは?

弁護士法は、日本国憲法の元、弁護士の地位向上を目指して制定された基本法です。

弁護士・弁護士法人の使命、職務、弁護士会の制度などを定めるほか、非弁護士の法律事務の取り扱いの原則的禁止などに関する事項を規定しています。

弁護士法の歴史

明治時代、司法制度の導入と共に代言人と呼ばれる職業が発達しました。これが後の弁護士となる役割を担っていましたが、その立場は現代の弁護士には及ばず、軽蔑されることも多々あり、また悪徳業務を行なう者もいました。

1893年に弁護士法が制定され、代言人は弁護士と呼ばれるようになります。
しかし、業務は司法省の監督のもとで行われ、法定での活動に限られていました。

その後、1933年、1949年の改正を経て、国家権力を持った独占業務として認められるようになっていきました。現在のような幅広い分野での業務も取り扱うようになります。
このサイトでは弁護士とその歴史などについて解説しています。

現代の弁護士

現代においては弁護士はその数も増え、多くの弁護士がそれぞれの専門分野に特化した能力を有しています。各地域にも弁護士が居るため自分のアクセスが容易な行きやすい法律事務所に行くと良いでしょう!

弁護士になるには

弁護士というのは言わば国家資格です。「司法試験」と呼ばれる試験に合格し、弁護士会に登録することで弁護士として活動することができるわけです。しかしこの司法試験、実は誰でも受けられるというわけではありません。受験ができる受験資格があり、この条件とは法科大学院を卒業していること、とあります。法科大学院では法律の基礎的な部分や実務的な部分を学ぶことができるため、そこから弁護士になる、というものです。しかし大学院ともなると進学には結構なお金が必要なのです。国立か私立かでも変動はありますが、経済的な事情によっては弁護士になりたくも進学ができず、そのために弁護士を目指すことができないということも十分あるわけです。そうした場合などを考慮し、「法科大学院を卒業していなくても」司法試験を受けられるようにする仕組みとして「司法試験予備試験」という制度が設けられました。「司法試験予備試験」を受けて合格することができれば、「司法試験」を受ける権利が与えられるわけです。しかしこの予備試験というのは非常に難しく、合格率もかなり低いとされています。わずか3パーセント前後とも言われている狭き門なのです。この「予備試験」は狭き門である一方、法科大学院を卒業していなくも司法試験を受けられるということから、大学生の間では「弁護士になる近道」とも言われています。そのため、あえて予備試験にチャレンジする学生も多いという実情があります。

弁護士はどういう時に頼ればいいの?

弁護士に頼るべきタイミングというのはいろいろあったりします。例えば離婚問題で困った時や、遺産相続で揉めた時などです、そうした時に身近な弁護士に頼れるようにしておくことは重要なことです。法律トラブルというのは殆どの人があまり経験したこともないものですし、できるだけ早い段階で相談するようにしましょう。

できるだけ早い段階で相談したほうが良いというのは、やはりトラブルが深刻化しないうちに相談したほうがいいということです。たとえば借金問題に関しては、放っておいたがために負債がどんどん膨らんでしまい、使わなくてよいはずだったお金も使う羽目になったりするからです。さらに遺産相続などの問題も、相続税のことがあったり、もしマイナスとなる負債があったりすると申告しなければならない期限を過ぎてしまう可能性があります。

こうした状態を防ぐために、弁護士にはできるだけ早く頼るようにしましょう。

北九州の弁護士なら小倉駅前法律事務所へどうぞ

無料法律相談ってどんなことに対応してくれるの?

無料法律相談で対応できる内容は、その弁護士事務所にとって様々です。もちろん遺産相続や債務整理などそれぞれの法律事務所の分野に応じて様々な内容がその対象になるでしょう。特に多いの債務整理関係です。債務整理を必要としている状況の方資金に困っている場合が多くあります。ですからそうした方に対してできるだけ無料法律相談を行っている法律事務所もあります。もちろん分野に関係なく、初回の相談料を無料としている法律事務所もあります。

TOP相互リンク