弁護士の役割とは?

弁護士の役割とは、よくテレビなどで目にする法廷活動の他にも、

  • 紛争予防
  • 人権擁護活動
  • 立法・制度に関する活動
  • 企業や地方公共団体での活動

などが挙げられます。

紛争予防

紛争予防とは文字通り、紛争を未然に防ぐという役割があります。つまり企業活動などにおいて、法的な問題が無いかなどを弁護士に判断してもらったりするという事があります。リーガルチェックであったり、労務規定などを整えたりすることも一つの紛争予防と言えます。

人権擁護活動

人権救済申立てを受けた場合に、調査を行い、必要に応じて弁護士が警告や勧告を行うといったことを行います。他にも冤罪事件での再審請求の支援や、その他の様々な人権課題に対する取り組みも行います。

立法・制度に関する活動

弁護士は法律を解釈したり適用したりすることで問題を解決しますが、その前提となる法律を新たに作ることにも関わったりします。

企業や地方公共団体での活動

いわゆるインハウスローヤーと呼ばれたりする活動です。いわゆる顧問弁護士となり、企業経営の助言を行ったり、トラブルが起きてもそれを解決することを目的としています。